水を節約するにはお風呂から

日本は水が豊かな国の一つで蛇口をひねるだけで沢山の水を使うことができます。
飲み水としてはもちろん、トイレやお風呂、洗濯にも使いますね。

水を節約するためには、使用量の多いお風呂について考えましょう。
一人の場合でもシャワーでなくて浴槽に湯を張って入ること。
家族がいる場合はまとめて入ることがポイントです。
そうすることで水の無駄遣いを防ぎ、湯を沸かす高熱費も必要最低限で済ませることができます。

シャワーは大体1分で10リットル程度の水を使うとのこと。
手際良く、短時間で浴びて10分程度前後だとしても、1度のシャワーで100リットルの水を流してしまっています。
これからの時期は寒くなるので浴びる時間もさらに長くなるのではないでしょうか?
加えて、浴槽に湯を張るのとは違いその後の利用ができません、浴びたらお終いです。
お風呂なら、入浴が終わった後も様々な事にお湯を利用することができます。
我が家では洗濯や庭の水やりにも使っています、洗車に使うのも良いかもしれませんね。

どちらが節約になるか、一目瞭然です。
使用量の多いお風呂での使い方を見直すことで、大きく節約になります。